スパンキーの経済予想

 

一端は、このコロナ騒ぎが収束する、

らしいのだ。

「終息」はしないらしいけれど。

よって景気は一時持ち直すフリをする。

 

しかしこんな状況下でなんとも不思議なのは、

下がらない株価。

政府・日銀による買い支え。

さらに言えば、この次に起こるであろう

再暴落を前に、

株価が再度上昇するのではないか、

という予想もある。

これには諸説あるけれど、

ほら、いきものだって、

最期を迎えるとき一瞬復活するでしょ。

後は2番底、どころか奈落の底に真っ逆さま。

なのでないか?

 

そうなると先が全くみえなくなる。

 

日銀はお札をフル稼働で刷っている。

実体経済がそもそも酷い。

これは、コロナ以前からだった。

で、相変わらずQE(量的緩和)を進めるも、

私たちとは関係のないところで、

お金がぐるぐると回っている。

下にはなかなか降りてはこない。

 

量的緩和って、

大企業と投資家を救うためだけの、

いや、大義として、

日本経済を維持するための方策なのか。

これが、ただのマネーゲームとみえなくもない。

 

前述のように量的緩和は、

そもそもコロナ以前から行われていた。

実体経済との乖離は、

その頃から誰がみてもあきらかだった。

要は、景気の良いフリをしていただけなのだ。

そこに、消費税とコロナである。

お先真っ暗。

 

私のまわりの経営者と話しても、

夏以降は全く分からない、というのが

大方の意見。

 

さて、私たちの生活はどうなってしまうのか?

いくらお札を刷っても刷っても、

問題は、その配分方法にある。

放っておいたら、お金は相変わらず、

集まるところにしか集まらない。

そこを是正し、

まずは巡りをよくしないとダメだ。

 

いわゆる大不況とか恐慌とかの非常時は、

ヘリコプターマネー(お金をばらまくの意)の

一手段としてのベーシック・インカムが、

やはり現時点で最良なのだろう。

(今回の10万円の件がそれにあたる)

 

政府や自治体が、各人にお金を直接渡す。

血管に例えると、大動脈だけでなく、

毛細血管(庶民)にも血液を巡らせてあげないと、

身体は末端から壊死してしまう。

 

とにかくお金を隅々まで行き届くようにする。

そして、今回の騒ぎの直撃を受けた人にも、

何とか生活を維持してもらう。

 

しかしだ、ここで引っかかることがある。

日銀がお札を無限に印刷し続けると、

デフレになる?

インフレになる?

これについてはいろいろと言われているけれど、

この先は誰も経験したことがないので、

予測不能という予測が出るくらい。

 

一見不健全とも思える方策だけど、

いまは他に方法がない。

 

過去の非常時は、いまとは反対の方策、

いわゆるケチケチ作戦で乗り切ろうとした。

しかし結果は酷い状態で、

ちっとも良いところがなかった。

お陰で日本はずっとン十年も不景気だ。

そこに、今回の騒ぎが被った。

よって今度はガンガンお札を刷っている。

 

で、ここでもうひとつ気になることがある。

こんな状態(ベーシック・インカム)が、

もしずっと続くとなると、

日本はもはや資本主義ではなく、

社会主義の国になってしまうのではないか、と。

 

最低限の生活を維持するだけのお金を、

国からずっと貰う?

そうした事態が延々と続く世の中を思うと、

不気味な違和感を抱くのだが。

ここは一考の余地あり。

 

あと、このままいくと、

日本がいつか破綻するのではないか、

という心配もある。

しかし、こうした国の施策を大丈夫、

とする小難しい理論が存在する。

いわゆるMMTという理論がそれである。

 

これはひとことで語ると、

お金をジャブジャブと市場に投入しても、

問題はないばかりか、

そうすることで経済が良くなる、と。

世の中がインフレにでもならない限り、

全然問題はない、とのこと。

それで、国家も国民もハッピーとなる。

 

ホントかね、この理論って。

私は、そのうち破綻すると思うけれどね。

 

何はともあれ、

私たちの生活は未知の領域に入ってしまった。

この先、何が起こるか分からない。

明日をも知れぬ時代を、

私たちは生きるハメになってしまった訳だ。

うわぁぁぁ…

 

とここまで書いて、

これは私の勝手な妄想に違いないと、

とりあえずは記しておきたい。

つまらない経済予想なのである。

そして、とにかくハズレろと、

仏壇のご先祖さまに祈る私であった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.