箱根はどこも混んでいた

 

10月に仕事でいったんキャンセルした箱根。
再度予約をとってやっと行くことができた。

ギリギリの予約だったので、
当初希望したホテルは確保できなかったが、
まあそこそこのところだったので、結果良しということに。

しかし「コロナでなるべく部屋の布団敷きは避けている」
とかなんとかフロントで言われ、
では自分で敷きますと回答したら待ってましたと、
富士の水のペットボトルを2本くれた。

なんだかペットボトル2本で布団敷きに雇われたみたいで、
すっきりとしなかった。

やはり安ホテル。
たいした宿ではなかったということにしよう。

温泉宿へ行くと、みな夕飯前にひとっ風呂浴びて、
浴衣に着替えてメシという流れになっているようだが、
あれ、私はどうもだめで普通の格好でメシ食って、
寝る前に風呂に入るという流れは変わらない訳。

最上階の風呂には案の定、誰もいない。
素っ裸でひとりで泳ぐ…ほどはない広さだけど、
大の字で湯船にくつろぐ。屋上の露天風呂を試す。
箱根の夜は寒いのでいい湯加減。
で、サウナも試す。
一応はなんでも試す。

おおぅ、なんだこの真夏のエジプトのような暑さは!

これだけ温めれば、気温がぐっと下がるらしい翌日も大丈夫だと
安心するも、この夜は身体が冷めず、
ひどく浅い眠りとなってしまった。

作戦の失敗である。
いま思えば軽い熱中症だったんじゃないか 汗

そういえばGotoキャンペーンだったからか、
平日にもかかわらず部屋は満室だったし、
行き帰りの湯本~塔ノ沢間の道も大渋滞だったし、
まちのお土産屋はどこも混雑、
美術館も芦ノ湖も人でいっぱいだったなぁ。

先日、久しぶりに山の手線に乗ったときも、
相変わらずかなりの混雑ぶりだったし、
小腹が減って入った大崎のサイゼリアも、
入り口に待っている人が並んでいたし。

よく分からないね。

で箱根。

仙石原へは夕方に行ったが、
雨も少し降り始めたにもかかわらず、
ここも人がゾロゾロといました。

コロナ第二波第三波とかいわれているけれど、
どうもテレビやネットなどから伝わることと、
現実の乖離が激しいように思う。

みな油断しすぎか。
医療崩壊の危機とも昨日のテレビで言っていたし。

まわりではコロナがいないので、
どうも実感がわかないでいる。

わたしのなかで都市伝説化しつつあるコロナ。

しかし身近な感染者が増え、さらに致死率が上がるとか、
邪悪に変化されるとかなり困るなぁ。

 

 

 

・箱根の夜空は暗い

 

・今回の主目的はポーラ美術館

 

 

・印象派他名作がズラリ!

 

・美術館裏の遊歩道を歩く。すげぇ寒い!

 

  

 

・小雨の仙石原のススキは光っていないね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.