MRI、怖い!

 

以前から、体のあちこちがしびれていたので、

一度検査しなくてはと思っていた。

脳のなかの何かの異常も考えた。

で、しびれクリニックなるものをネットで発見。

要は脳神経外科なのだが、

そこに行くことにした。

 

新しいビルのワンフロアは、

リゾートの雰囲気を醸し出している。

サーフボードや海にちなんだ小物。

静かに流れるBGMはハワイアン。

ちょっとホテルを思わせるようなリッチさなのであった。

 

血圧とか問診票の記入とか、なかなか忙しい。

で、じっと待つこと20分。

 

医者は、割とかっこいいひとだった。

ヒヤリングのあと、

手足や目の動きなどをチェックされた。

で、いきつくところ、

頭のなかをみないとなんとも、という結論。

で、MRIなのである。

 

これはすでに織り込み済みで、別に驚きもない。

最初からそのつもりで行った訳である。

 

MRIは脳内の血管を映すらしい。

ここに異常がないか調べるのである。

で、そのMRIがある部屋の前で

呼ばれるのを待つ。

 

大きな赤い字で注意書きがしてある。

無断立ち入りとか、あと禁止マークとか。

雰囲気として危ない印象のMRIであった。

ドアの向こうからは、ビーだかゴーだか、

なんかすごい音が聞こえてくる。

 

むむ、なんだこのすごい音は。

「うーん、なんか雰囲気がやばいなぁ…」

 

この体験は、実は今年の春のことで、

まだ肌寒かった。

私はユニクロのヒートテックを着ていた。

で、あとで知ったことだが、

MRIはヒートテックに反応するらしく、

汗をかいたりすると火傷の恐れもあるとか。

この真偽はいまだに定かではないが、

MRIに対する印象は、

さらに良くないものになっている。

私はこの日、結構汗をかいていました…怖

 

で、いよいよ私の番。

全く無表情のおんなに案内される。

広い部屋の真ん中にドーム状の筒のようなベッドがある。

これは、ネットでみて知っていた。

 

ベッドが細っそい。

その看護師だかが、なんだかメンドーそうに、

MRIの説明をする。

ふんふん。

で、ベッドに横になる。

ベルトで固定される。

ん、なんで結わくの?

で、頭部はもっとハードだった。

頭が動かないようタオルで狭くしてあり、

そこになおもぎゅぎゅとヘッドホンをだ、

無表情おんなが無理から押し付けてくる。

痛い痛い。

ちょっときついですねと言うと

無表情が「そういうもんです」

 

極めつけは、

最後にの仕上げに、

アメフトのような鉄仮面を顔に固定された。

視界が異様に狭まる。

(うーん、なんか体も頭も

窮屈だし、まわりがよくみえないなぁ)

 

さあ、そのまま筒状に入れられ、

そこで15分じっとしている訳だ。

 

(棺桶に入るってこんな感じなのかな?)

我ながら、いやーなことを考え始めた。

で、いやーなイメージはさらに加速をはじめる。

1.池の底に沈められているような圧迫感…

2.「そこからお前は二度と這い出すことができない」と、
誰かがつぶやいているような幻聴 汗!

急に脈が速くなる。

血圧もがんがん上がっているのだろう。

息が浅く荒くなる。

 

おっと忘れていたが、

私は元々閉所恐怖症だったのだ。

あの丸い筒状のなかに押し込められたら、

もう中止はできない。

誰も助けてはくれない。

いや、いまなら間に合うかも知れない。

 

「すいません!」

と大声で助けを呼んでみる。

「やめます、中止しまーす!」

 

MRIは既にうなり始めている。

それはヘッドホンをしていても、

そこから優雅なハワイアンを流していても、

消せるような音ではなく、

いままさに動く寸前のうなりだった。

 

私は、顔面鉄仮面を外してもらい、

固定ベルトを外してもらい、

まあその間いろいろあって、

汗を拭き、深呼吸をして部屋を出た。

 

結局、この日は、

検査をCTスキャンに切り替えてもらい、

結果は異常なしと言われた。

CTスキャンをやっている最中に技師の方が

話してくれたのは、

MRIを受ける人のほぼ3分の1くらいが、

中止を求めるとのこと。

彼は世間話をするように笑って話す。

「ホントですか?」

「そうですね。なかには、

ずっと寝ているひともたまにいますが…」

「ふふん」

 

残念ながら、MRI初体験は失敗に終わった。

よって脳内の血管の様子は、いまだによく分からない。

一応、医者に促されながら、

次回の予約をとり、真新しいビルを出る。

 

外は午後の日差しが降り注いでいて、

ビルからながい影が伸びている。

 

町ゆくひとが平和そうにみえた。

彼らは少なくとも、

いま体験してきたこちらの恐怖を知らない。

 

おもむろに目の前にあった喫茶店に入る。

コーヒーにミルクをたっぷり入れて口にする。

うーん、なんてうまいんだ。

なんだか、健康とか平和っていいなぁって、

つくづく思い知らされた午後なのであった。

 

「MRI、怖い!」への13件のフィードバック

  1. 今日 MRI を撮ってきました全然呑気の私は装置に入った瞬間自分は閉所恐怖症じゃないかと改めて思いました。
    とにかく恐怖でした。
    棺桶に入るような気がして怖くて仕方なく20分が永遠に感じられました。

    さらにマウスピースをして同じ時間取ると言われ恐怖におののきました。

    でも耐えました。

    MRIを受ける人のほぼ3分の1くらいが、
    中止を求めるとのこと。

    との記事を読んで何か納得できました。

    有り難うございました😃

  2. のんちゃんへ

    あのMRIに20分耐えたなんて凄い!
    のんちゃんは強い人、私みたいな閉所○○○ではない。
    まあ、最近はオープン型のMRIの開発が急がれているそうでして、とういことは、現行の閉塞したMRIの不人気ぶりが伺えます。でなくても不安を抱えた方がMRIを経験するのですから、
    なんかもう気軽な方法が欲しいところです。
    ちなみに、私が就きたくない職業は、潜水艦の乗組員。そう、分かりますよね?

    コメント、ありがとうございます。

  3. 初めまして。MRI こわいの検索でこちらに辿り着きました。
    私はまだMRI未経験者ですがとても参考になりました。

  4. ねこさん)

    MRI こわいの検索ですから、やはりねこさんも分かってますね。
    しかし、これはあくまで私の体験談です。あまり参考になさらないように(笑)
    頑張ってチャレンジしてみてください。成功を祈る!!

    コメント、ありがとうございます。

  5. 脳下垂体炎になりMRIに5回 脳の検査の為に入りました 恐怖との闘い 時間は1回が30分程かかりました 心臓がドキドキ 背中が汗だく 音がうるさ過ぎ 暴走族の爆音のが 心地良く聞こえます 今はあの音を90パーセント位カットしたMRIがあるみたいです

  6. 2年前に脳下垂体炎になり検査です5回MRIに入る恐怖と病気を治したい気持ちで必死に汗だく心臓バクバク 暴走族の爆音がMRIの音と比べたら心地良く聞こえます 今はMRIの音が90パーセント程カットされてるのもあるみたいです 皆さんも生活習慣に気を付けてお過ごし下さい

  7. 大村さん
    マキシマムザTくん

    スパンキーです。脳下垂体炎とのこと。MRIに5回とは! 猛者ですね。私は無理です。
    最近友人の医師から聞いたのですが、事前に話せば麻酔でMRIというのもアリだそうです。
    知らなかった。

    とにかく早く治りますように!

    コメントありがとうございます。

  8. MRI検査に行ってきたんですが途中で足がつり動いてしまったので結局1時間くらいずっとあの恐怖の空間にいました。麻酔とかしながら検査を受けたいですね。
    中二でこの体験を出来たのでみんなに自慢しようと思います!笑

  9. はなさん)
    MRIに一時間いたって? それは前に投稿いただいた大村さんより、さらに猛者です。
    すごい、はなさんはもうオカルトだって怖くないでしょう? って関係ないか。
    私には絶対に無理です。仮死していまいますから。で、MRIで足つるって最悪の状況。
    考えたくないです。はなさん、どうぞ、みんなに自慢してください。
    はなさんには、その権利がありますからね!

    元気になろう!

  10. 脳腫瘍の疑いで本日、MRIでしたが
    怖くて帰る電車の中です。どうしよう…

  11. ネコさん)

    怖いのは、MRIじゃなく、検査結果ですよね?
    異常なしという結果を、私も待ち望んでいます。
    気持ちでしか応援できないけど…

    コメント、ありがとうございます。

  12. 転倒して頭も打ち付けたので、MRI でチェック。
    恐怖なんぞは微塵もありませんでした。
    ただ興味つつ。
    これは脳の異常とか病変での検査では無かったので、
    恐怖心が無かったのだと思います。
    確かに音はうるさかったんですが、ウトウト寝落ちしました。

    全身のMRI もその後しましたが、緊張感はゼロでした。
    どちらの検査も異常なしでした。

  13. ベルさん)

    お久しぶりです。
    恐怖など微塵もないとか寝落ちとか、
    ふーん、いましたね。
    ベルさんのような人を探していました。

    ひょっとして、飲酒していませんでした?
    失礼! 

    ともかく異常なしは、喜ばしいことです。
    良かったですね。

    コメント、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.