15年ぶりにアルコールをなめる

先日、友人と自由が丘で待ち合わせ、

うろうろするうち、

金田という飲み屋へ入る。

久しぶりに、

チェーン店の居酒屋でないところへ入った。

まだ夕方の5時ということで、

店内は人もまばら。

出迎えの女将に笑顔はない。

むしろ怒っているようにもみえるし

キリッとした表情ともいえる。

カウンター席のみでコの字が二つ。

隅っこに座ると、

奥の板場から数人が、

じろっとこちらをみる。

やはり、ぜんぜん笑顔なし。

つまらない笑顔なんて不要

という店なのであった。

ノンアルコールビールをくださいといったら、

女将の目がつり上がったのが分かった。

「ウチにはそういうものはありません」

友人は生ビールを頼んで、

俺の顔をにやにやしてみている。

(コイツ、知っていたのか?)

女将がどうします、いやどうするんだよ、

というつり目をするので、

ビールの小瓶を頼む。

ちょっと参ったなと思った。

なんせここんとこアルコールなんて

全然口にしてないし。

とにかく、酒をやめて15年くらい経つ。

女将と目が合うと、我々の後ろを指さすので、

ウムっと振り返ると、そこに金田酒学校の

立派な一枚板が飾られている。

おおっ、立派な墨文字。

女将が何が言いたいのかは即座に分かった。

酒をたしなむこの店のマナー、

学校の他にも、

ここの掟のようなものが書かれているハズだ。

実際、後で確かめると

そんなもんは書かれてなかったが、

とにかく、酒の学校だったんである。

学校に飲みに入った以上、校則は絶対だしね。

という訳で、15年ぶりのアルコールである。

ついでにタコぽんとか若鶏の焼き鳥、

菜の花のおひたし、しめ鯖、しんじょう揚げといった

酒飲みにはたまらない肴も久~しぶりにいただく。

(これがうまいんだなぁ)

さて、アルコールをやめたのは、

確か15年くらい前だった。

最初は医者の忠告だったように思う。

肝臓値、コレステロール、中性脂肪が

軒並み悪い数値だった。

が、あまり気にもせず、

アルコールを少し減らす程度でごまかしていた。

断酒は意外なことがきっかけとなった。

いつものようにビールを飲んでいたら、

やたら鼻が詰まって息苦しい。

そんな日が続くようになった。

日本酒でもワインでも焼酎でも、

とにかくアルコール類を摂取すると鼻が詰まる。

息苦しい、酒がうまくない。

薬屋にも医者にも行ったが明確な回答が出ない。

いろいろな薬なんかを飲んではみたが、

どれも全く効果がない。

次第に飲む日が減った。

なんだか面白くない日が続いた。

だって息が……ですよ。

そうこうするうち、

習慣づいていた飲酒もやめてしまったのだ。

私はついに、

酒と相性の悪い人間になってしまったのだ。

以来、今日まで飲んでないし、

飲みたいとも思わない、で甘い物が好きな、

とてもつまらないおじさんになってしまったのだ。

思うに、私の場合の飲酒は

犬の条件反射と同じで、

食い物をみるとよだれが出る犬のように、

夕方になるとアルコールを摂取していた訳だ。

その際の条件キーワードは「夕方」であった。

で、話を自由が丘の金田に戻すと、

前述した理由から

15年ぶりにアルコールを摂取することとなったが、

結果はなんというか、

身体中を血液が巡るというか騒ぐというか、

妙に身体が暑くなるという、

身体の懐かしい変化が呼び起こされた。

結果、アルコールってなかなか「うまい!」

なのであった。

気分も絶好調。

そして、鼻が詰まらないことも確認したのだ。

さて、では晴れて飲むぞ、

で、もう一度、自由が丘の金田に行って、

酒通になるぞとも一瞬思ったのだが、

あれから数日経ったいまでも、

アルコール類は一切摂ってはいないし、

あのサケも肴もうまい金田にも、

もう行かないだろうなと思っている自分がいる。

特に我慢も無理もしていないのに

なぜだろうと考えるに、

私には現在、チョコを摂取する習慣があることを思い出した。

疲れた日の夕方に摂取するチョコは、

とにかく格別にうまいのだ。

このの心境をたとえていうと、

むかーし別れたおんなの人と再会したが、

もうその頃のようには戻れない。

そんな感じなのである。

ああ、人はどんどん変わってゆくのだ。

好みも変化するし、

習慣も進化してゆくものなのだ!

しかーし、それにしても

久しぶりのビールはうまかったなぁ。

やはりこの先、

どうなるか分からないんである。

「15年ぶりにアルコールをなめる」への4件のフィードバック

  1. ベルです。
    私も一時期、ビールやワインを飲むと鼻がつまり、
    呼吸が苦しい症状が出ていました。
    どうも三叉神経炎からきていたようです。
    原因は花粉などによるアレルジイー等。
    アルコールで血流が良くなると鼻が詰まり、またよくもなったりで、結局断酒などと思い切ったことはしませんでした。
    三者神経炎は慢性化してしまいました。
    後鼻漏になり、痰が継続的に出ます。
    高齢期になり慢性気管支炎が発症し・その為に痰が切れないと思っていましたが、鼻の奥の三叉神経に問題があるようです。
    飲酒は続いていますが、週末3日だけと決めています。
    これにより酒量がメチャクチャ増えて、困っています。

  2. カンタベリー ベル さん)
    やはりアルコールで鼻が詰まる方、
    いらっしゃるんですね?
    これ、治らないですよね!
    三叉神経からきているとのこと。
    ふーん、難しいですね。
    酒量がメチャクチャ増えているって、
    ベルさん、減らしたほうがいいですよ。
    私が分かったのは、酒を飲んだ後は、
    えらく疲れるってこと。
    で、治った要因のようなものを考えたのですが、
    まあ、断酒の後はちょっと健康を気遣い、
    玄米と酵素が入ったサプリのようなものを、
    摂取しています。10年以上になります。
    アメリカにもあるんじゃないかな?
    ベルさん、ご自愛ください!
    いつも、ありがとうございます。

  3. ベルです。
    治りますよ。
    私の場合、調子の悪い時のみ鼻スプレーを使用。
    鼻炎改善後は鼻詰まり、難呼吸なんかは起こらなくなりました。
    ただ、過剰飲酒は仰る通りいけませんね。
    7時頃から飲み始める日は、宵のうちにできること、
    やらなければならない事、全て放棄です。
    成人してから若いうちは朝まで飲みながら、
    何と無くなにかも出来ていたのですが、
    この歳では、飲酒イコールすぐ眠くなる、です。
    色香も失われてきたこの歳になったら、
    口をきいたり会話したりよりも、
    週末の友はこれで良いかな、なんです。
    誘いがあっても断って、断然家に籠って我が共酒と一緒。
     
    サプリといえば。
    気管支に良いと言う、Manuka Honey 購入。
    結局、アレルギー反応の期外収縮が一日中続き、
    どうもダメでした。
    酒に対してアレルギー反応があれば、私の週末の時間が
    もう少し有効に使えるのですが、、。
    大体が、”失われた週末”。
    ま、いいか。

  4. ベルさん)
    鼻スプレーで治るのなら、
    いいじゃないですか?
    私の症状は全く駄目でしたから。
    で、断酒でしたから。
    まあ、若いウチは朝まで飲んだり踊ったりと、
    私も結構無茶をしましたが、
    いまはね、早く寝ます。
    第一からだが持ちません。
    で、ベルさんも眠くなるのは、
    ひとつの防衛本能といえなくもないですね。
    その程度で寝ましょうとのサイン?
    ただ、籠もっていてもよくない。
    特に週末は。
    この場合は酒のアレルギーを有効活用して、
    表に出る方がいい。
    失われるた週末は、帰らないですよ。
    あの高価なマヌカ・ハニーも不要と思いますけれど。
    コメント、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。